ファクタリングの2社間取引と3社間取引の比較

ファクタリングとは、当該サービスを提供している会社に、自社の保有している売掛債権を買い取ってもらう資金調達手法です。

この手法には主に2つの方式があり、それぞれ「2社間取引」と「3社間取引」と呼ばれています。それぞれの方式の特徴を比較し、どちらを利用するべきか検討しましょう。

はじめに、2社間取引では、サービス提供会社と自社のみでファクタリング契約を交わします。この際、売掛先にはファクタリングを行う事実は通知されないため、自社の資金繰りの状況を知られることがありません。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

また、売掛先の同意を得なくても実施可能なため、契約をスピーディーに進めることができます。その代わりに、売掛先からの債権回収は自社で行い、回収後にサービス提供会社へ代金を支払うことが必要です。



一方、3社間取引では、サービス提供会社と自社だけでなく、売掛先を含めた3社間で契約を交わします。



この場合、売掛先にファクタリングを行う事実が通知され、代金は売掛先からサービス提供会社に対して直接支払われます。
そのため、サービス提供会社にとっては債権回収の確実性が高まることから、2社間取引と比較して審査に通りやすく、手数料も安く済むのが特徴です。


以上のように両者を比較すると、2社間取引では秘匿性とスピード感に優れており、3社間取引では審査難易度と手数料の安さが魅力と言えます。
どちらの方式を選択すれば良いのか迷う場合には、まずはサービス提供会社に相談してみるのが良いでしょう。